標的型攻撃メールによる攻撃とは

標的型攻撃メールによる攻撃とは、特定の企業や組織に対して、興味を引くタイトルや関係者を装ったなりすましメールで受信者をだまし、 組織のネットワークに深く進入するサイバー攻撃です。

標的型攻撃メールによる攻撃の傾向

標的型と思われるサイバー攻撃を受けた経験: 4倍に増加

他人事ではありません!

  • 標的型サイバー攻撃を受けた経験は2014年度で4倍に増加
  • 減少傾向にあったが、2017年度にはピーク時と同じ割合まで増加
  • 情報を持つ企業にとどまらず、様々な企業が対象

参考:IPA 情報セキュリティ事象被害状況調査(2007年~2017年度)から引用

標的型攻撃メールの開封率

フローイメージ

訓練による開封率:
2割以上が安易に開封してしまう

  • 訓練事例 開封率 22.1%

弊社サービス実施結果(従業員約800名の企業様)

フローイメージ

標的型攻撃メールへの対応力アップに!

「標的型攻撃メール対応トレーニング メルトレ」についてのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

TOP